みずほ銀行カードローンに申し込む際に必要な書類について説明していきます。

みずほ銀行といえば、日本の3大メガバンクの一つとして君臨する大手銀行になります。そのみずほ銀行のカードローンは、利用者も多いですし、人気のカードローン になっていますが、実際申し込みの際にどんな書類が必要になるのかということをまとめていきたいと思います。

尚、みずほ銀行の口座を持っていないという条件で説明していきます。

本人確認書類の運転免許証について

みずほ銀行カードローン に申し込む際にはまず、本人確認書類は必須になります。

顔写真のついているものを提出する必要があります。まず、運転免許証になります。

運転免許証は両目のコピーが必要になります。さらに、今住んでいる住所の記載があることが条件になります。

もし、住所が今の住所と異なる場合は、免許証の住所変更をする必要があります。

みずほ銀行の口座を持っていない方で、ウェブから申し込みを行い、カードローンと、みずほ銀行の口座を同時に開設する場合は本人確認書類は運転免許証に限られます。

運転免許以外の本人確認書類について

運転免許以外の本人確認書類について、有効なものを紹介します。

まずはパスポートです。パスポートを本人確認書類として提出する場合は、顔写真のページと、所持人記入欄のページをコピーして提出します。必ず、現住所の記載があるかを確認してから提出しましょう。

次に住民基本台帳です。こちらは、必ず顔写真月のものでないと本人確認書類としては認められませんので注意が必要です。ですので、顔写真のないものついては、別の確認書類を提出する必要かわあります。

収入証明書について

みずほ銀行カードローンの申し込みには、みずほ銀行の口座を持っていない人はもちろん、持っている人でも、収入証明書は必要になります。

収入証明書は、年収のわかるものが必要になります。ですので、給与明細は使用できませんので注意が必要です。

会社員の方の場合は、源泉徴収票の提出が1番簡単で分かりやすいかと思います。個人事業主の方は、住民税決定通知書や、課税証明書、納税証明書などの書類が必要になってきますので、準備が必要です。

まとめ

みずほ銀行カードローン の必要書類について書いてまいりましたが、みずほ銀行銀行の本人確認書類には、運転免許証が1番簡単ですので、必ず現住所の記載があるかを確認してない場合には、警察署に行き、免許証の住所変更を行うことで、本人確認書類として使うことができるようになりますので、なるべく免許証で済むようにした方がよいでしょう。

収入証明書も、会社員の方は、源泉徴収票などはしっかり保管してあれば、すぐ提出できますので、会社からもらう給料に関係する書類はしっかり保管するようにしましょう。