みずほ銀行カードローンを申し込んで疑問に思うことは、「いつになったらカードが自宅に届くのだろう?」ということです。

なるべく早くお金を借りたくても、カードが無ければATMで現金を引き出すことは出来ないからです。

みずほ銀行から自宅へローンカードが届くまで、時間はどれぐらいかかるものなのでしょうか?

カードが届くまでの時間がない「キャッシュカードのローン機能」

みずほ銀行カードローンを契約すれば、すべての方にローンカードが届くと思っていませんか?

カードが必ず届くという考えは間違いで、届くまでの時間がかからない方が通常です。

みずほ銀行カードローンを申し込まれる方は、すでにみずほ銀行の口座を開設されている方が非常に多くなっています。

時間がかからない理由

みずほ銀行のキャッシュカードにローン機能を付けるのが基本。わざわざローンカードを発行しなくても、そのまま利用できるから。

みずほ銀行カードローンには「キャッシュカード一体型」が基本ですので、普段通りキャッシュカードを利用してカードローンでお金を借りることが出来ます。

契約手続きが完了すれば、手元のキャッシュカードが利用できるようになるので、審査時間だけ待てば良いということになります。

キャッシュカードが届くまでには1〜2週間

みずほ銀行の銀行口座を開設されてから、カードローンを申し込むことになりますが、キャッシュカードが手元にない状態でも申し込めるようになっています。

しかし、口座番号を分かっていなければカードローンを申し込むことは出来ません。

注意

みずほ銀行の口座開設をネット申込やアプリから行うと、通帳などが届くまでに1週間程度必要になります。

みずほ銀行カードローンを申し込むのに、1週間は必要になってしまいますが、店頭窓口に出向いて口座開設をすれば、その場で通帳を受け取ることが出来ます。

 

キャッシュカードが届くまでには1〜2週間必要ですので、その間にカードローンを申し込んでおけけば、審査に通過後に借り入れが出来るようになります。

カードローン型で契約も出来る

みずほ銀行カードローンはキャッシュカード一体型もありますが、カードローンと兼用するのがイヤだという方には、キャッシュカードにローン機能を付けるのではなく「カードローン専用型」のローンカードを発行することも出来ます。

ポイント

カードローン専用型でも口座開設は必要になります。さらに、キャッシュカードとは違ったカードを発行するので、届くまでに1〜2週間は必要です。

カードローン専用型は提携金融機関で使える

みずほ銀行のカードローン専用型のカードは、みずほ銀行以外の銀行の提携ATMで借り入れも出来るようになっています。

他行の提携ATMが近くにあれば便利ですが、キャッシュカード兼用型の方が使い勝手もよく、コンビニATMの殆どが提携しているので、わざわざカードローン専用型を選ぶ必要はないと思います。

まとめ

みずほ銀行カードローンで、最も早くカードが届くのは、初めから手元にあるキャッシュカードということになり、最短で2〜3営業日で利用開始ということです。

これから口座開設も必要だという方になると、口座開設の手続きとカードローンの手続きを合わせて、2〜3週間は最低限必要になってしまいます。

あらかじめみずほ銀行カードローンを申し込んでおけば、必要な時が来ればすぐに利用できることになるので、事前準備が重要だということになります。