みずほ銀行カードローンは低金利が特徴で、人気のある銀行カードローンの1つです。

みずほ銀行カードローンのメリットの記事でも書きましたが、メリットの多いカードローンですが、やはり利用する方によってはデメリットになっていしまう合わない場合もあります。

みずほ銀行カードローンのデメリットを分かることで、申し込む前に分かれば対処法なども思いつくことになります。

口座開設しなければ利用できない

みずほ銀行カードローンに限ったことではありませんが、カードローンを利用する銀行の口座を開設されないと、カードローンと契約できないことになっています。

口座開設の目的
  • 振込先の口座になる
  • 返済用口座に登録される

みずほ銀行で口座開設をすれば、開設したみずほ銀行口座は振込先の口座になります。

さらに、自動引き落としになる口座振替が返済方法になっているので、開設した口座が自動的に引き落とし口座に登録されます。

すでにみずほ銀行口座を持っている方はデメリットにはなりませんが、これからみずほ銀行口座を開設される方は、かなりの時間を必要とすることになってしまいます。

口座開設にかかる時間は、ネット申込でされると「1〜2週間」程度必要になり、その間はカードローンの審査に通っていても利用できません。

店頭窓口が近くにある方であれば、口座開設は即日で出来るようになっているので、すぐにでも利用を開始を希望している方は、みずほ銀行に出向いく必要があります。

口座開設が必要な銀行カードローン

三菱UFJ銀行や三井住友銀行では、口座開設をしなくてもカードローンの契約が出来るようになっています。

口座が無くても比較的早く利用できるカードローンですので、なるべく急いでいる方は良いかもしれません。

ただ、他行の銀行口座の口座振替は利用できないので、その場合は三菱UFJ銀行や三井住友銀行の口座を開設して登録する必要はあります。

即日融資ができない

みずほ銀行口座を持っているので、あとはカードローンだけを申し込む方でも、即日融資をみずほ銀行から受けることは出来ません。

他の銀行カードローンでも即日融資は、2018年以降は出来ないようになってしまっているので仕方ありません。

それでも審査回答や融資される時間には、銀行によって様々です。

みずほ銀行カードローンでは「最短2〜3営業日」が最短の審査回答時間になります。銀行カードローンの中でも早い方になっているので、それほどデメリットに感じない方も多いでしょう。

即日融資は消費者金融

どうしても今日中や翌日にはお金を借りたいという方は、銀行カードローンではなく消費者金融を選択する必要があります。

大手消費者金融であれば、最短30分審査や最短1時間融資が可能になっていることが多く、即日融資を受けたい方の利用者が多くなっています。

信販会社のカードローンも比較的時間がかかることが多いので、消費者金融が即日融資が出来るカードローンになります。

しかし、みずほ銀行カードローン「年2.0%〜14.0%」の金利と比べると、消費者金融の金利はかなり高くなりますので、それだけは注意が必要になります。

審査が厳しい

銀行カードローンは審査が厳しいと聞いたことがある方が多いと思いますが、みずほ銀行カードローンも審査が厳しいとされるカードローンです。

消費者金融の審査は通ったけど、みずほ銀行カードローンは落ちてしまったということはよく聞きます。

反対の銀行カードローンに通って消費者金融に落ちたという話は、私個人としては聞いたことがありません。

やはり金利が低いこともあり、しっかり返済してくれる方にお金を貸すことを考えているので、年収の少なさや勤続年数の短さは審査落ちになる原因にもなります。

提携ATMの手数料が有料

みずほ銀行カードローンにはコンビニや他の銀行の提携ATMが多数あります。

提携コンビニATM

セブン銀行ATM、ローソンATM、E-net(サークルKサンクス、デイリーヤマザキ、スリーエフ、ポプラなど)

よく皆さんが利用されるATMと言えば「コンビニATM」だと思います。

みずほ銀行はコンビニATMと提携しているので、街中でお金に困った時にすぐに借りることが出来ます。

しかし、お金を借りたり任意返済する時に、提携コンビニATMを利用すると、必ず手数料が発生してしまいます。

時間外手数料などではなく、平日のお昼に利用しても手数料は発生します。みずほ銀行ATMであれば、時間内の利用には手数料は発生しません。

しかし、時間外になると、同じように手数料の発生があるので、注意しないと利息と合わせてコストがかかってしまうことになります。

他の銀行カードローンでは、提携ATMの手数料を無料にしていることも多く、みずほ銀行のデメリットであると言えます。

消費者金融も手数料が発生する

みずほ銀行に限らず、消費者金融のカードローンを提携ATMで利用する場合は、手数料が発生します。

プロミスであれば三井住友銀行と同じSMBCグループですので、三井住友銀行ATMでは手数料無料などもありますが、基本的に手数料は必要と考えたほうが良いです。

みずほダイレクトで手数料無料

みずほ銀行カードローンで借りる場合に、みずほ銀行のインターネットバンキング「みずほダイレクト」を利用すれば、振込手数料無料で口座に振り込まれるようになります。

口座から引き出す場合は、キャッシュカードを時間内に利用すれば手数料無料で借りることが出来ますが、時間外になるとキャッシュカードでも手数料は必要になります。

口座残高が足りない時に有効な手段になると覚えておきましょう。

まとめ

みずほ銀行カードローンのデメリットは意外と多いと思うかもしれません。

しかし、デメリットを補う対策も幾つかあるので、デメリットを感じな方も多くいることは言えます。

借りることや返すことは他の銀行カードローンろ変わらないので、通常通り使っていけばみずほ銀行カードローンは利用しやすいカードローンです。